バドミントンのルールまとめ【シングルス、ダブルスなど】

バドミントンのルールについて、分かりやすく紹介したいと思います。

  • 「これからバドミントンを始めたいけど、ルールがよく分からない!
  • 「バドミントン経験者だけど、バドミントンのルールを忘れちゃった!」

みたいな人は参考にしてみてください。

ゲームの流れ

以下、ゲームの流れです。

  1. ジャンケンをする
    • ジャンケンに勝った方が、
      • 「サーバーをするかレシーバーをするかの権利」
      • 「コートの場所を選ぶ権利」
        のどちらかを選択する。
  2. サーバーになった人がサーブをする
  3. 21点取るまで打ち合う(詳しいルールについて後述)
ゲームの基本的な流れは、「シングルス」も「ダブルス」も同じです。
シングルス1対1で対戦すること
ダブルス :2対2で対戦すること

サーバー:最初にサーブ(サービスとも言う)を打つ人のこと。(先行)
レシーバー:サーブをレシーブする人のこと。(後攻)

シングルス

サーバー・レシーバーのコート位置

サーバーは、以下の位置からサーブをします。

  • 自分の得点が偶数の場合・・・自コートのからサーブする
  • 自分の得点が奇数の場合・・・自コートのからサーブする

 

レシーバーは、サーバーの反対側からレシーブをします。

  • 相手の得点が偶数の場合・・・自コートのからレシーブする
  • 相手の得点が奇数の場合・・・自コートのからレシーブする
 

▲サーバーの点数が偶数の場合:

  • サーブする人・・・自コートのからサーブする
  • サーブする人・・・自コートのでレシーブする

▲サーバーの点数が奇数の場合:

  • サーブする人・・・自コートのからサーブする
  • レシーブする人・・・自コートのでレシーブする

 

例えば、自分がサーバーで、自分の点数が、

  • 2点
  • 4点
  • 6点
  • 8点

などの偶数だった場合、からサーブします。

 

例えば、自分がサーバーで、自分の点数が、

  • 1点
  • 3点
  • 5点
  • 7点

などの奇数だった場合、からサーブします。

サーバー・レシーバーの順番

最初の順番は、ジャンケンで決めますが、

それ以降の順番は、以下のように決まります。

  • 点数を取った方・・・サーブをする
  • 点数を取られた方・・・レシーブをする

 

例えば、A vs Bで、得点は0:0、

最初にAがサーブをしたとします↓。

 

そして、Bが点数を取ったとします。

すると、次にサーブするのはBになります。

このとき得点は、

  • A(0点)
  • B(1点)

です。

Bの点数は奇数なので、Bは自コートのからサーブを打ちます↓。

 

次の勝負で、またBが点数を取ったとします。

すると、次にサーブするのは再度Bになります。

このとき得点は、

  • A(0点)
  • B(2点)

です。

Bの点数は偶数なので、Bは自コートのからサーブを打ちます↓。

 

・・というわけで、

シングルの場合は、こういう感じで、

  • 点数を取ったほうがサーブをする
  • 点数を取られた方がレシーブをする

というルールなのでシンプルです。

 

極端な話、

Aが点数を10点連続で取った場合、Aが10連続でサーブします。(逆にBは10連続でレシーブをします。)

コート範囲

最初のサーブ・レシーブ時は、以下のようになります。

▲サーブ・レシーブ時のコート範囲(横のラインは有効範囲外)

 

最初のサーブ・レシーブ後は、以下のようになります。

▲サーブ・レシーブ後のコート範囲(横のラインは有効範囲外)

ダブルス

次にダブルスです。

サーバー・レシーバーのコート位置

シングルと同じです。

サーバーは、以下の位置からサーブをします。

  • 自分の得点が偶数の場合・・・自コートのからサーブする
  • 自分の得点が奇数の場合・・・自コートのからサーブする

 

レシーバーは、サーバーの反対側からレシーブをします。

  • 相手の得点が偶数の場合・・・自コートのからレシーブする
  • 相手の得点が奇数の場合・・・自コートのからレシーブする

▲サーバー側のチームの点数が偶数の場合:

  • サーブする人・・・自コートのにいる人がサーブする
  • レシーブする人・・・自コートのにいる人がレシーブする

▲サーバー側のチームの点数が奇数の場合:

  • サーブする人・・・自コートのにいる人がサーブする
  • レシーブする人・・・自コートのにいる人がレシーブする

サーバー・レシーバーの順番

最初の順番は、ジャンケンで決めますが、

それ以降の順番は、以下のように決まります。

  • 点数を取ったチーム・・・サーブをする
    • 点数を取ったチームの点数が奇数:左にいる人がサーブを打つ
    • 点数を取ったチームの点数が偶数:右にいる人がサーブを打つ
  • 点数を取られたチーム・・・レシーブをする
    • 点数を取ったチームの点数が奇数:左にいる人がレシーブを打つ
    • 点数を取ったチームの点数が偶数:右にいる人がレシーブを打つ

 

例えば、A&Bチーム vs C&Dチームで、得点は0:0、

最初にAがサーブをしたとします↓。

 

そして、A&Bチームが点数を取ったとします。

すると、次にサーブするのはAになります。

このとき得点は、

  • A&Bチーム(1点)
  • C&Dチーム(0点)

です。

A&Bチームの点数は奇数なので、Aは自コートのからサーブを打ちます↓。

 

次の勝負で、C&Dチームが点数を取ったとします。

すると、次にサーブするのはCになります。

このとき得点は、

  • A&Bチーム(1点)
  • C&Dチーム(1点)

です。

C&Dチームの点数は奇数なので、Cは自コートのからサーブを打ちます↓。

 

次の勝負で、A&Bチームが点数を取ったとしたら、

次にサーブするのはBで、

得点は、

  • A&Bチーム(2点)
  • C&Dチーム(1点)

となり、A&Bチームの点数は偶数なので、Bは自コートのからサーブを打ちます。

 

 

・・というわけで、

ダブルスの場合、サーバー・レシーバーがころころ変わるので、同じチーム内で「どっちがサーバーだっけ?」となることが多いですが、

こればかりは慣れるしかないです。

コート範囲

最初のサーブ・レシーブ時は、以下のようになります。

▲サーブ・レシーブ時のコート範囲(後ろの線は有効範囲外)

 

最初のサーブ・レシーブ後は、以下のようになります。

▲サーブ・レシーブ後のコート範囲(すべての範囲が有効)

シングルスとダブルスの違い

というわけで違いは、「コートの広さ」だけです。

 

シングルスもダブルスも、

  • 勝負に勝った方がサーバー、負けた方がレシーバー
    • サーバーの得点が偶数だった場合:
      →左から打つ(ダブルスの場合は右のコートにいる人が打つ)
    • サーバーの得点が奇数だった場合:
      →左から打つ(ダブルスの場合は左のコートにいる人が打つ)

というルールは共通です。

シングルス・ダブルス、共通のルール

点数

点数についてのルールです。

  • 21点を先に取った方の勝ち
  • ただし、20:20になった場合は、「2点差になる」か「30点を先に取る」と勝ち

反則

代表的な反則行為についてです。

  • ネットに体・衣服・ラケットが触れた場合
  • シャトルを2回連続で同じプレイヤーが打った場合
  • シャトルを打撃する瞬間にラケットがネットを越えて、相手のコート側に出てしまった場合
  • シャトルが体・衣服に触れた場合
  • サーブ中に足が浮いた場合
  • サーブ中に足でラインを踏んだり、ライン外に出た場合
  • サーブ時、シャトルを腰より上で打った場合
  • サーブの体勢に入ったのに、途中でサービス中断したとき

これらの反則行為を行うと、相手に1点入ります。

コメント